番組制作の流れ

企画提案〜受注
企画提案
どのような人、場所を取材し、どのような番組ができそうかをリサーチ。また電話取材をし、実際に取材に応じてもらえるか等も、この時点で目処を付けます。
内容に応じて、テレビ局や様々な会社等に企画を提案します。
企画受注
企画が通れば実際に制作への段取りに入ります。
 
調査・予算・台本
調査
より詳しくしっかりと調査、取材スケジュールをたてます。さらに取材対象から話を聞いて、取材の構想をふくらませます。
予算
予算を出します。
台本
台本を作ります。

スケジュールに応じて順序が変わることがあります。

 
取材・撮影・CG
取材・撮影
カメラをまわします。取材班は、ディレクター、カメラマン、助手、(リポーター)3〜4人チームです。もちろん予想もしなかった話が出てくるなんてことは、いつも。臨機応変な対応がいい作品を作るコツ。
CG
必要に応じて、より詳しく物事を説明するため、CGの制作も行います。
 
仮編集
仮編集
映像を編集していきます。
 
試写・本編集
試写
映像全体の構成・ナレーションについて、再度練り直し。ここが一番の山場。
プロデューサーも入って、番組について徹底討論。試写が3〜4回に及ぶこともよくあります。
本編集
映像の加工(エフェクト)、テロップ入れなども。
 
ナレーション
ナレーション
音楽を入れ、ナレーターが声を入れます。
 
完成試写
完成試写
ついに完成。試写を行います。
 

テレビ番組制作実績

番組制作過程

コラム&ブログ

 

お問い合せはドキュメンタリー工房まで
〒531-0075 大阪市北区大淀南2丁目6番3号 島田ビル301
株式会社ドキュメンタリー工房

TEL : 06-6451-1119
 
© DOCUMENTARY WORKSHOP, INC