メイン

2007年11月28日

求むチェコ情報

最近、オンエアが終わってほっとしてだらだらしてゆるゆるしてます。
そんな私の心に浮かんだ言葉「逃避行・・・」違うか。
チェコに行きたいとだいぶ前に、企てたものの、チェコが史上まれにみる大洪水にみまわれ断念。
ガイドブックを買ったものの、放置する結果となってしまった。

誰か、チェコの情報くださ~い。

2007年11月24日

華麗なる一族のその後の効果 続報

半年ほど、放置していた会社のブログを久々にチェックすると・・・・。
得体の知れない国や人々からのトラックバック要請が6661通も入ってました。
すげ~。なぜか、「華麗なる一族」のドラマ批評のコメントにばかり。

最近会社にも迷惑メールが異常に多く、毎朝の排除が日課となっている。
日本からのメールのサブジェクトは、やれ「援助交際しよ♪」だの「ロリ・エロ」だの「寂しい・・」だの、独身男性の心にせつせつと訴えかけるような「萌え系」なものが多い。
いっぽう、その次に多いアメリカからの迷惑メールには「become big!」のいっぽんやり。アメリカ独身男性たちの関心は「大きくしなければ!」という焦りばかりなのだろうか・・・。
また、たまに「ナターシャが今から行ってもいいか?」と、せっぱつまったお誘いを送りつけるロシア圏のメール?も笑える。

万国さまざまな迷惑メールタイトルを見ていると、人間の欲望って性欲が一番なのかねと思う。

2007年04月01日

華麗なる効果

恐ろしいものだ。ドキュメンタリー工房のページにアクセスするための検索語トップ3に「華麗なる一族」が入ってしまった・・・。それというのも、私がブログに「華麗なる一族」についてつまらない楽しみを書いたから。きっと、期待いっぱいにアクセスされた方は、がっくりされたことと思う。
お詫びせねば!ごめんなさい。
それにしても、最終回で、あの増毛イノシシと再会できたのは感激であった。

2007年02月04日

一押しドラマ「華麗なる一族」

「華麗なる一族」が今面白い。微妙な小道具が気になるのだ。
編集マンのNさんと話していて、そんな楽しみかたをしているのは私だけではないことが判明。
1)どう見ても、上海やんか~というロングに「神戸」とテロップが出るときとか。
2)北大路欣也(父)と木村拓也(子)の確執のもととなる「先代」の肖像画が、微妙すぎるところとか。
3)家の庭の池に住む伝説の鯉が、めっちゃロボットなところとか。
4)柳葉敏郎と木村拓也の話しに割って入ってくる不自然な増毛イノシシとか。

はぁ。今日はどんなことが起こるんだろうか。オンエアーが待ちきれない。

2007年01月05日

続・初出勤

2回目の初出勤を迎えた。
昨日ちょっとフライングしたことは、ささやかな思い出として錨をつけて私の心の中に沈めておくことにした。
ちょっと久しぶりに会う仲間は、皆元気そうだ。
Aくん「あぁ、コンピラさん。僕、昨日も休みだなんて、なんだか申し訳ないくらいでしたよ~。」
Bさん「親から言われなかった?昨日、会社行かなくていいのって。」
なんで、皆心の琴線をついてくるようなことを話しかけるんだ。
それでも、私は「う~ん。そうやねぇ。」と見事にお茶を濁して、乗り切ろうとした。
すると、満面の笑みを浮かべたデスクがやってきて、
デスク「明けましておめでとう。あぁ、コンピラくんとは昨日挨拶しちゃったかな~。」

デスク・・・あなたって人は(涙)

2006年12月30日

ささやかなお願い

大学の友人と忘年会。
なぜか、女ともだちは同じく独身ばかり。
そこで結婚した友人(男)から恒例の質問を受けた。
友人「どんな人がいいんだ?」

A「会話をして楽しめるひと」
B「思いやりのある人」
そこで、わたしも思い切ってささやかな希望を打ち明けてみた。
私「二人で稼いで、とんとんで生活できるくらいの収入のある人(T-T)
300あれば言うことないっす。」

切実すぎる私の願いは痛すぎたらしく、その後「紹介しようか。」という話はいっさいまわって来なかった・・・。

2006年12月23日

放送後の過ごし方

ようやくメタボリックシンドロームの特集の放送が終わった。
久しぶりのお休み。
朝9時半に布団から抜け出して、コタツにて1時間仮眠。
10時半に朝ごはん。玄米ご飯と豚肉の味噌漬け、小松菜のおひたし・・・。
11時コタツにて仮眠6時間。起きれば、すっかり外は暗かった。
日の光をほとんど見ることなく、一日を終える。

2006年12月17日

Boys Ⅱ men の衝撃

ちょっと前。
久しぶりに来日したBoys Ⅱ menがテレビに出ていた。すっかり、でっぷりとした立派なおじさんだった。
「少年から男になるとき・・・」デビューしたときは、そんなセンチメンタルな感じだったんだろうけど・・・。
「少年隊」の錦織さんが、辛うじて頭髪を維持した感じでダンスしてる姿を見る時と共通したセンチメンタルを抱きました。

2006年12月12日

うれしはずかし初ブログ

会社のホームページがとても立派なものに変身した。
劇的ビフォーアフターにあったみたいな感じだ。
そんでもって、わたしの秘密の大部屋日記もぶろぐなるものに変身!!

明日はロケなので早いからもう寝ます。
はぁ。朝早いの苦手だなぁ。

2002年11月07日

デジャブ

インスタントの味噌汁にお湯を入れようと、ポットに手を伸ばした瞬間デジャブがはしった。

「この感覚は!とても懐かしいような・・・。なんだろう・・。」

昨日の晩もインスタントだったことを思い出した。

2002年09月02日

金髪のお姉さんの微笑付きDM

最近ダイレクトメールがよく届く。
「借金を一本化しませんか。」「取り立ての嫌がらせからあなたを解放します。」「一本化してよかった!私たち家族は救われました」「歯科矯正の費用も簡単!御相談に応じます」「最大2000ドルを今すぐ!この扉にパラダイスが!」

なぜだか、みーんなアメリカから魅惑的な借金のお誘い。借金の一本化して家族ともども救われたらしい金髪のおねーちゃんが、微笑みかける画像つき。でも、ドルじゃ、スーパーで御買い物できないもん。

2002年08月20日

夢の海外逃亡

ひと仕事終わったので、海外逃亡を夢見ている。予定は、約2週間。バッグパックを担いで、安宿をえんえんと巡って、鞄にはぎっしりテープが詰まっていて、仕事の延長みたいな・・んじゃなくて、ちゃんとしてホテルに泊まって、美味しいものを食べて、、、。日増しに色鮮やかになってくる妄想を実現しようと、足取り軽く旭屋に行った。

憧れていたチェコスロバキアのガイドブックを買いこんで、家でくつろぎのひととき。
うっとりとページをめくる様子を横目で見つつ、母が言った。

「あんた、今チェコは、水浸しやで。」

憧れのチェコから水が引いて復興までには、半年はかかるそうです。

2002年03月26日

いつの日か軽やかに東京出張

ひさびさに社長と東京出張。朝7時半の新幹線に乗らなければいけない。

朝寝坊な私の性質を良くご存知な社長からは、6時45分にモーニングコールを頂いた。「起きてますかー。」

車中でも、社長は相変わらずのハイテンションぶり。社長の半生を振り返ってしまい、名古屋を越えても寝かせて頂けなかった。

午前11時。ようやく東京のテレビ朝日に到着。六本木のビルは、妙にこじゃれていて、入り口がどこも回転ドアだ。両手に巨大ワープロと書類鞄を抱えた社長と、書類の詰まった登山リュックとテープの入ったスーツケースを転がす私。まるで焼け出されたばかりのような二人には、回転ドアは難関だったはずなのに、思わず、二人で一つの入り口に入ってしまった。動かない・・・・。ぴったり詰まってしまったのだ。「よいしょ。よいしょ。」と声を合わせて動いて、ようやく回転ドアから脱出した。

六本木のアークヒルズにて、爽やかな朝のひととき。一度でいいから、軽やかに東京出張したい・・・・。

2002年02月27日

ボコボコ・コンビ

私とプロデューサーのHさんは、ボコボコ・コンビだ。二人とも、あんまり人の話しを聞いちゃいない時がある。

ある日の打ち合わせで、二人でサンドイッチとお茶まで持参して、うきうきと到着したら、ケータイが鳴った。「局の皆さんはこちらにいらしてるんですけど・・・。」

打ち合わせで、二人とも「ハイ、ハイ。」とうなずいときながら、やっぱり聞いちゃいなかった。

2002年02月20日

紹介され方が的確なとき

社長と一緒に打ち合わせに行く。相手先への紹介で、社長は
「この人はね、どうも活字から入って、映像のほうがお留守になるんですよ。」と微笑みまじりに語る。
いつも充分いびられて、いや、叱られてるんだから、紹介の時ぐらい持ち上げてくれたっていいやんかー!
短気で、内気な私は、かなり悔しかったので、家に帰って力いっぱいテレビを見る。

力いっぱい、目に力を込め過ぎたのか、頭が痛くなって寝た。相変わらず、何かを履き違えている気がする・・・。

2002年02月12日

風邪に厚揚げ

がっびがびに風邪をひいた。パソコンのウィルス「トロイの木馬 亜種B型」を治しているうちに、自分にウイルスをうつしてしまったようだ。ごそごそと起きて、何か食べようと冷蔵庫をのぞく。賞味期限を5日過ぎた厚揚げが目にとまった。

くん、くんと鼻で匂いをかいでみる。 鼻が詰まっていて分らない。
かぷりと一口食べてみる。 味覚も麻痺しているので、さっぱり分らない。
まあいっかー、と料理して食べてみる。 やっぱり分らない。
その後、猛烈な腹痛。 ようやく分かった。

2002年01月28日

新居のお披露目

新居へ知人を招くことにした。でも、沢山の人が集えるテーブルさえないことに気が付く。一人には勉強机でがまんしてもらうにしても、クッションすらない。あわわ、とあわてて近くの商店街に買い物にでかける。

フキンハンガー1点
バスマジックリン1点
にんじん3本
たまねぎ3コ
キャベツ半玉

あかん、日常的に必要なものを買ってしまった!!

2002年01月24日

再び、業界に働くものの心意気

新型?改造テレビとともに眠れない夜を過ごした後、堪えられなくなって電器屋さんへ走った。心づもりの予算はテレビとビデオで5万円以下。もうすぐデジタル化するし、いっちゃん安いのにすんねん!と固く決めていた。のに・・・。

再び「業界に働くものの心意気」が邪魔して、BS内臓ソニーの最新型21インチを買ってしまった。

6畳間で、21インチモニターと向かい合わせのちゃぶ台でいただく御飯は格別。やっぱ一人暮らしのだいご味やなー。

2002年01月18日

業界に働くものの意地

一人暮らし報告、崩壊の巻。

卵を買った。卵売り場で、しばらく立ち尽くした後、1コ50円もするビタミン卵を購入する。なんでも1日摂取が必要なビタミンをたっぷり含んだ卵の王様らしい。貧乏なくせに、こういうキャッチフレーズには弱い。鼻歌を歌いながらチャリンコを転がして帰ると、なんと、卵の王様ビタミン卵が割れているじゃないか!悔しかったが、カルシウムがたっぶりな訳じゃないので、消費者センターには怒れない。夕飯をだし巻きに変更する。

だし巻きでお腹いっぱいになった後、テレビの修理を始めた。ビデオと一体型になったテレビだったが、ビデオを噛んでしまってから、なぜか電源がかってに切れてしまう。「こんなの、ふた開けて取り出せばいいだけやん!」と思ったのが甘かった。あらゆるネジを回しても、ビデオとブラウン管が離れない。止めときゃいいのに、「業界に働くものの意地」がふつふつと沸いて、どんどんばらしてしまった。

夜中の12時に諦め、再び組み立てたが、ネジが2本余る・・・。恐る恐る、電源を入れると「ぶーん。」という音とともに、画面の中央から青い光りが放射された。

2001年11月26日

一人暮らし用画材道具

外から帰ると、再び引っ越し用荷物の中に絵の具とパレットが加えられていた。
私「これはいいでー。」
母「でも、あんた昔よく絵描いてたやん。独りになったら絵でも描くかなって思って。」
なんだか騙されているような気がしてきた今日このごろ。それにパレットには兄ちゃんの名前が書いてあるやんっ。

2001年11月25日

ありがたく頂く

私の一人暮らし用の品々の中に青いじょうろが加えられていた。さすがに危機感をおぼえ、母に
「これはいらんわー。」
と言うと、母が悲しそうに
「いずれ鉢植えを育てた時は便利やと思って・・・。」
その可能性にかけてみることにした。

2001年11月24日

一人暮らしの食事風景設計

再々一人暮らしネタ。母が次々と押し入れから日用品を出してきた。父が単身赴任中に使っていたものらしい。
簡単漬け物容器、バケツ(うちのタマ知りませんかの柄つき)、三角コーナー・・・。鍋用取り皿、木じゃくし、レンゲ5つ。このまま行くと、知人を5人招いて、自ら市場で魚を仕入れ料理し、鍋をつくり、最後のおじやには、お手製の漬け物を添えて出すことになりそうだ。
慌てて「いやー、レンゲは5つもいいよー。」と言うと、母は悲しそうに「そうか・・。でもお客さんが来た時にないと困るやん。」黙って頂くことにした。

2001年11月22日

ゴマスリ

一人暮らしネタ再び。家に帰ると、私の机の上に、巨大なスリ鉢とすりこぎがあった。父が単身赴任中に使ったものらしい。父いわく「お父さんは、よーく外でゴマをすってきたから、後はお前が家ですりなさい。」有り難く頂いた。

2001年11月19日

サラシに巻けない

一人暮らしをすることになった。まずは最低限のものだけそろえて、あとはじっくりと・・と思っていたら、いつのまにか部屋の隅に小山ができている。母が近所に話したところ、各地から要らないもの、いやいや頂き物が集まってきたらしい。既に庖丁だけで5本もそろい、出刃包丁は2本もある。私はこれから料理修行に行くのだろうか・・・。

2001年10月31日

過ぎゆく年月と松茸御飯

いつの間にか10月も終りだ。昨日は誕生日だったが、何と言うことなく過ぎてしまった。
そんな寂しい私を気づかってか、母がひっそりと松茸御飯の素を御飯に入れてくれた。29歳の誕生日は、松茸御飯の味・・・。全然あかんやん。

2001年10月12日

植物に話しかける

最近へこみ気味だ。サボテンの鉢植えに声をかける。「おおっ、新しい枝ぶりが見事やなぁ。」
サボテンの成長ぶりに目を細めてみたりする。

2001年10月10日

企画書で一句

企画書がー、あー企画書が出来なくて、意味なく更新してみたりする。

もう一句。
企画書がー、あー企画書が出来なくて、シュークリームなんて買ってきたりする。字余り。

2001年10月04日

性転換してみる

久しぶりにスカートをはいた。
社長が驚きの声で「うわー、どないしたんや。」
私「ま、私もたまにはスカートぐらいは。」
社長「○男さんが、○子さんになったって感じやな。」
スカートぐらいで、まるで男が性転換したみたいに言わないでほしい。

2001年09月27日

悩み深い季節

秋は悩み深い季節だ。電車を待つ間、「ふうっ。」とため息をつくと、となりの酔っぱらったおっちゃんが「どないしたんやー。気分悪いんかー。」とからんできた。「大丈夫ですから。」と言うのに、挙げ句の果てには「おっちゃんが救急車呼んだろかー。」思わず「大丈夫やて言うてるやろがっ。」と声を荒げてしまった。ため息ついて、なんで救急車まで呼ばれなあかんねん。

2001年09月25日

過ぎゆく夏に捧げる小ネタ

1ヵ月以上更新しなかった。NEW!の文字も痛々しいトップページ。断腸の思いでNEW!を削除する。

その理由は
1. 私以外のみんなは、忙しくてHPの更新など出来なかったから。
2. そんな私も忙しかったから、です。

そして、もう秋です。ドキュメンタリー工房には、相変わらず輝く夏は来ませんでした。過ぎ行く夏にためたコネタをいくつか。


9月○日
新幹線に乗った。京都駅についた時、前の子供が「へぇー、ここがトウキョウか~。これがトウキョウなんだー。」と感極まった声をあげた。そう、キョウトだって反対から読めばトウキョだ!大した違いではない。同じく幼いころ、琵琶湖を見て「あー!海だーっ。」と大声をあげた人生の先輩としては、このまま彼には大きくなって欲しいと心から祈った。

9月△日
新幹線に乗ろうとした。上司がお弁当を買ってくれたので、自販機でお茶を買おうと思った。発車2分前だった。小銭を入れて、2回ボタンを押した。ら、入り口でペットが詰まってしまった。あせって取り出そうとするが、はまって取れなかった。プルルルルーっと発車を知らせるベルが鳴った。押しても引いてもペットは取れなかった。新幹線に飛び乗った。自販機に爽健美茶を詰まらせたまま・・・。

9月×日
原稿を書いて、社長に見せた。その日、社長は熱があったのだが、読み出したとたん怒り出した。「何だこのイントロは!」「ちょっとはニュースぐらい見ろよ!」「これは学生の文章だっ。」熱があるのに、怒濤のように指摘を入れる。入ったころは、「高校生かっ!」と怒られていたので、ちょっとグレードアップしたかも、と自虐的に慰めてみる。入社して、はや7年。なかなか社会人として認められない。


そんなこんなで忙しかったわけです。

2001年08月02日

消えたカウンター

ようやく出張から帰ってきた。ひさびさのHPをのぞいてみると・・・。がーん、カウンターが削除されている。無料カウンターを提供してくださった方のHPが移転していたのであった。もうすぐ3000人!とゆびおり数えて待っていたけど、文字どおり0からの出発。

そんなわけで、皆さん、頑張りましょう。

2001年07月04日

魚雨

雷と生臭い風が吹いていた。今晩は、魚が降ってくるに違いない。きちんと戸をしめないと、小魚が隙間から入ってきてしまう。ましてや、ブリなんて大物が降ってきたら、ガラスを突き破ってしまうから大変だ。大慌てで窓を閉めて、家の中で息をひそめていた。

思ったより、はやく魚雨はあがり、庭に出てみる。タイは、まだ口をぱくぱくさせてるし、ウナギは、水が無くても芝生を泳いでくる。会社の皆に持っていくか・・・と思ったところで、目が覚めた。

毎回、ありたけの想像力を夢で使い果たしているような気がする。もしくは、もうすぐ出発の海ロケの正夢かなー。というわけで、7月はしばらくHP更新できません。できるだけ更新してから行きますね。

2001年06月30日

夢の中でHP更新・小ネタ集

暇なときはめためた暇なんですが、忙しいときは重なります。
ホームページを更新したい・・・という思いは日々つのり、とうとう夢の中で更新してました。更新なしのHPにもかかわらず、最近タイムトラベルへのファンレターをちょくちょく頂きます。嬉しい、うれしい、嬉しい・・。そんな時は、回覧板のごとく社内回し読みです。

というわけで、ためたコネタをいくつか。
(コネタ集)

6月×日
著名人リストというHPの中に、うちの社長を発見した!しかも、鈴木亜久里と涼風真世の間だ。
鈴木亜久里、鈴木昭典、涼風真世・・・。いつになく、うちの社長が大きく見えた。

6月○日
英語ものの翻訳をしてくれるのは、こてこての関西弁を話すニュージーランド人のJ君だ。お昼御飯を食べながら、「Jさんは、日本にずっと住むつもりなの?」と聞くと「うーん、まあ、それはコレ次第やな。」と言って小指を突き出した。誰や、そんなこと教えたんわ・・・。

6月△日
我が家の朝。人一倍早く寝るくせに、一番遅くに父が起きてきた。
母:「おはようさん。」
父:「おはようよんっ。」
おはようサン(3)とかけて「4」にしたらしい。そんなこと考えるために、早く寝てるのだろうか。

2001年06月12日

混み混みの夏

すっかり夏になりました。皆様お元気ですか? ドキュメンタリー工房は、現在歴史もの、教育もの、自然ものの三本をかかえています。そのため、β-camの編集機が使えなくて大変なのさ!!レギュラーのタイムトラベル班などは、早朝から朝焼けとともに編集なんて情態。というわけで、タイムトラベルの画像取り込みができません。楽しみにしておられた方、ごめんなさいね。

2001年05月29日

インタビューの背景

対談の撮影があった。

背景が殺風景なので、盛り花を買って設置する。部屋とあわせた暖色系でまとめた。「うむうむ。モニターにもいい感じで映ってるやん。」とひとり満足していた、が甘かった。

インタビューをすると、相手の癖が良く分る。今回は、移動型の方だった。しかも話しの間ソファーの端から端へと大移動してしまったのだ。

せっかく背景をお花で華やかにしたのに。終ってみると、背景には何もなかった。

2001年05月24日

我が青春に悔い無し

映像タイムトラベルに、大変嬉しい応援メールを頂きました。
そんな日は、PCのクリックする手も、心無しかリズミカル。たとえ深夜2時の放送だって、たとえ制作途中で、いろいろ、いろいろあってもこんな瞬間は、「わが青春に悔いなーしっ。」て感じです。

業界の人々が、みんな目の下にクマをつくっても離れらんないのは、こういう時があるからかな。

2001年05月22日

MAコンテスト

今制作しているVPが、「MAコンテスト」に出品されることになったそーだ。

MAコンテストとは、整音がいかに美しいかというテクニックを競うものらしい。

いつもにこやかな笑顔と出されたおやつには必ず手を出されるミキサーのYさんが、おやつに見向きもせず真剣だったらしい。

2001年05月10日

私物化

かねてより念願だったタイムトラベル予告に画像をつけることができた。なかなか念願を成就させずごめんなさい。
ひとり念願をためつつ、こつこつと更新するHPを見たTちゃんが、「なんか、○○さんの個人HPみたいですね。」
見てからに、私のカラーに染まっているらしい。

2001年05月07日

中国語風会話

中国へ行った動物班より吉報が舞い込んだ。とある幻の動物(?)の撮影に成功したらしい。

プロデューサーのNさんが、早速電話をかけた。
「○○○子、フーザイ?」おおっ、中国語だ!「オー、ケイ。オー、ケイ。マータカケルー。」おおっ?日本語だ。

2001年04月28日

中国四千年の歴史

中国へ行った動物班より連絡が入った。現在とある幻の動物(?)を撮影するべくがんばっている。

地元にも応援を頼み、見つけたら知らせて下さい、お願いしたそうだ。そんななか、見つかった!との第一報が!!取材班がかけつけたところ、「見つかったけど、弱っていたので食べてしまった」。また、卵もあったけど、「傷んでいたので食べてしまった。」らしい。

さすが食は中国にあり。四千年の歴史に感心してしまった。

2001年04月27日

泡と消えた夢の生活

午前
昨日は久しぶりに病欠してしまった。思えば、ここ数年はほとんど病欠した憶えがない。私の有給は、どれくらいたまっているのだろう・・。山のように積まれた有給によって、左団扇な生活も夢ではない。ウキウキして総務の○みさんに聞いた。「有給は2年間しかたまらへんで。消化せーへんかったら、次ぎから0や。」

なんてこったい。一気に仕事への情熱をそがれた朝のひととき。

午後
「興福寺の国宝公開の抽選に当たりました」という葉書が届いた。これで、三枚もあたってしまった。というか全部当った。慣れないラッキーさに戸惑う午後。

2001年04月20日

春眠暁を覚えず

うーっ、とうなりたくなるような英文裁判資料を読んでいたら、知らない間にすこやかに眠ってしまいました。ぐー。春のうららかなオフィスにて。

2001年04月18日

ためいきの後

『はーっ。とため息をつきたくなった時は、その後に「すっとこどっこい。」と続けてみよう。』とどこかの本で読んだ。そうすると、明るい気分になるらしい。はーっ・・・・・・(試してみた)。

2001年04月13日

決まらないオンエアー

今やっている番組のオンエアーが決まらない。なんとなく中だるみの今日このごろ。←と思ってのんびりしてたら仕事がふってきました。

2001年04月11日

修行を積む

昨日は、修行を積んだ。取材のお願いをするべく、お寺の草むしりをしたり、お食事の準備を手伝ったりした。最後には座禅にもトライ。やる気満々で挑んだが、途中で眠くなるわ、蚊が襲ってくるわで、我慢大会のようだった。無我の境地には程遠く終り、取材も結局OKしてもらえなかった。

2001年04月05日

楽しそうな動物班

現在、D工房には動物班がある。先日は、動物につける発信器の練習のために、人間につけて走っていたらしい。

「○○さーん、電話です。あれ?どこいったのかしら。」「発信器で探してみましょう。(ピー、ピー)あれ?意外に近いわ。」おもむろにトイレからでてくる○○さん・・。といった楽しい会話が想像される。
参加してみたかった・・。

ラブリー・キューちゃんの家また最近は、とある動物も飼われている。スタッフに毎日「キューちゃーん。元気?」と呼び掛けられる猫っ可愛がりぶり。私が以前昆虫班でオサムシを飼っていた時は「夜編集しているとゴソゴソ言って気持ち悪い」とか言われて散々だったのに。えらい違いやん。
写真はラブリー・キューちゃんの家

2001年04月01日

オブラ

頭のとろけそうな日曜日の朝。我が家では、男の雑誌「オブラ」という新聞の全面広告が話題となった。「オブラ」とは何を意味するのか?朝からしょーもないことに時間をかける我が家。

母「ギリシャ語とか、ラテン語じゃないの?」
私「何かの略かも知れん。」
父「オトコのブランコ。」

2001年03月08日

慣れないこと

めずらしく小説本以外の難しい本を買った。

電車の中で一所懸命、一生懸命、読んでいたら、降りる駅を過ぎていた・・・。

引き返して、夜の11:00に帰宅。

2001年03月05日

胃もたれ復活法

(お昼過ぎ)
今日は、ひさびさにブルーな1日となった。それに加えてスターバックスの激甘モカバレンシアによる胃もたれが追い討ちをかける。立ち直れそうにない。

(夜)
石焼きビビンバにて復活。イギリス取材で、すっかり韓国づいて帰ってきてしまった。

2001年03月03日

寒波で商品価値さらに急落

我が家にて。
私「明日は大寒波が来るらしーわ。」
父「そら景気のええ話しやな。」
普段から駄洒落を愛する父は、寒波をカンパとかけてみたらしい。嬉しそうにリアクションを期待する父に応えてしまう今日このごろ。こんな父と私で、見合い市場における商品価値は、さらに急落。

2001年03月01日

お役所のだいご味

今日はお役所のだいご味を堪能した1日だった。

2001年02月28日

価値暴落?

友達が見合いに励んでいる。彼によると「見合い市場において商品価値の高い20代のうちに決める」らしい。毎回ひそかにためた小ねたを披露しては「それオヤジです。」と後輩の方から指摘を受ける私。商品価値は、既にめっきり減っているような気がする。

2001年02月27日

機内食

1週間のイギリスロケから帰国。大韓航空の機内食はビビンバだった。

2001年02月14日

スズメもバレンタイン

振り向けば、スズメがいた。現在8:00、ひとり残っての残業中ふいに「バタタッ。」という羽音が聞こえ、顔をあげると、突如会社の隅にスズメがとまっている。寒い中窓を開けて、出て行くよう説得してみたが、言うことを聞かない。プロデューサーの机のまわりで、お菓子のカケラをついばむ大胆さ。

バレンタインデー、スズメとともに残業。

2001年02月13日

バレンタイン直前

バレンタインのチョコレート売り場に行ってきた。本日の使命は社内向けのチョコを買ってくること。

できるだけお値段控えめで、見栄えのするやつを探す。行けども、行けどもチョコレートが続く・・。

行く先々で、「いかがですかぁ?」と差し出されるチョコを頬張っていく。なんだか、いつもの地下の食品売り場と変わらないなぁ。

2001年02月10日

スリリングなドライブ

社長とロケハン。駅からレンタカーを借りて出発した。「国道へは手前を右」と言われて、「ここかねー。」とかいいながら適当に右折。次第に道は細くなり、向こうから車が1列になってやってきた。どの車も、勢いよくウィンドウを下げて「ここ、一通よ。一通。」「標識みちょらんかったんか!」「すぐそこ警察やぞう!。」おのおのが罵倒。「すみません。始めてなもんで。」とあまり言い訳にならない言い訳をしつつ、皆さんをお待たせして、四苦八苦してUターンする。

「標識なかったよねー。」「日本の交通標識はなっとらん。」と言いながら戻ると、入り口に「侵入禁止」の標識が輝いていた。お喋りで標識なんてあまり見ない社長と、免許がなくて標識は看板と同じな私。この二人が車に乗ると、いつもこんな感じだ。

2001年02月07日

母の気づかい

今朝の食卓に、御飯と味噌汁とスープが並んだ。さりげなく「あ、今日スープなんだー。」と言うと母が恥ずかし気に「あんた最近遅いから、夜のメニューを作ってみてん。」

やさしい母の気づかいに、御飯を真ん中において、味噌汁とスープで味わう。

でも、やっぱり変だよ、母さん・・・。

2001年02月06日

自分が嫌になる瞬間

自分という人間が嫌になった瞬間。

さっきティラミス食べたばっかりなのに、社長がおやつに大福買って来たら食べてしまったこと。

さらに嫌になったこと。
「えー、もう入らないですよ。」と言っときながら、「ひとくちだけ食べよう。」とか言い訳がましく言って、結局一つ食べてしまったこと。

2001年01月25日

SLファンに感銘

随分とあけましておめでとうございます。

すっかり御無沙汰いたしております。皆様かぜなどひかれていませんか。

早くHPを更新しなければ、しなければ、、と思いつつ、タイムトラベル制作のため出来ませんでした。今作っているのは蒸気機関車の特集です。SLファンのかたは必見!!3月放送予定です。それにしても、今回の制作でSLファンの奥深さに感銘を受けました。走行中の音を聞いただけで、「これはどこのあたりを走っている。」とか「釜を炊く時にチェーンの音がするからこれはC51や!」とか分かるんですね。

自分も何か一芸に秀でてみたい・・。

2000年12月22日

熱いメールお待ちしますっ

夢を見た。あるひ突然こんなメールが届く「あなたのHPは年間ベストオブザイヤー賞に選ばれました。」そしてあのトロフィー型のアイコンが添付。え?うそ夢じゃないかしらん。と思ったら夢だった。

さて、毎日亀のあゆみを続ける当HPに、ついに視聴者反応が届きました!!高校生の方から、映像タイムトラベルへの御要望です。しばし、ドキュメンタリー工房に感激の涙と嵐。時折ある知り合いからの反応は、「昨日どうしても眠れなかったら、深夜にやってた。」「ああ、映像タイムトラベル、BGV(ビージーブイ)としていいですね」などなど。視聴者の皆様、これからも熱いメール待ってますっ。

2000年12月12日

本編集前日

明日は本編集なので、準備に忙しい一日でした。この業界でつくづく必要なのが、準備と段取り。明日は、頑張るぞ。おう。

昨日今日と、○○のさんが東京ロケ。これは、ドキュメンタリー工房では珍しい音楽ものです。オンエアー前には、HPでお知らせしますので、みんな、見てね~。(1日五人くらい訪れてくれる方々)

2000年12月11日

自販機置きませんか

とうとう師走。と思ったら、1週間がたってしまった。さすが師走だ。時間が過ぎるのが早い。現在、某ビデオの英語版を作っている。白マザーもあるし、楽々!とか思ってたら。大間違いだった。やはり英語侮るべからず。

アクセスを増やすべく、いろんな検索ページにこまめに登録していると、いろんなDMが来る。このあいだは、「自動販売機を置きませんか」というものだった、、、。テープを置く場所にさえ悩んでいるのに、自販機を置くスペースなんかあるかー。HPというのは、いろんな人に見られているのだな、ということを日々実感。

2000年12月05日

師走突入

とうとう師走。と思ったら風邪をひきました。年末は特番が多いため忙しい方が多いです。

2000年11月29日

視聴者からのメール到着

祝アクセス201以上!年内ラクラククリアー!やはり設置すべきは、低い目標だ。
そして、今日初の視聴者からのメール到着!!これもやっぱり知り合いの方でした。でも、ありがとうございます○と○さん!
○と○さんのところでは、ドキュメンタリー工房が制作したビデオを上映しています。生物の進化に興味のある方は、ぜひ行ってみてください。

2000年11月20日

アクセス増やしませんか?

今日は、取材に行ってきました。取材先でいろいろな面白い話を伺える時は、この仕事のおもしろさを感じる時ですね。うん。

ところで、秘境HPの訪問者カウンターがぱったりととまってしまった。そんな折り、一通の見知らぬ方からのメールが。おお!視聴者反響か!!とぬか喜びして見ると「あなたのHPのアクセス数を増やしませんか?」とのDMであった。

何しろ、大手検索ページに広告出してもらって、アクセス数が二万件を超えると六万円をお支払いするシステムらしい。失礼な!こっちだって毎日の訪問者が五人もいるんだぞ!

とりあえず、今年中の目標として、年内201アクセス以上を目ざすことにしました。なんたって来年は21世紀だしね。

2000年11月15日

100アクセス突破!

とうとうカウンターが、100を超えた!おめでとう100回記念!
でも、その時事実が判明した。アルバイトの○○ちゃんが「私10回ほどアクセスしてます。」そんな私自身通算30回はアクセス。開けてみれば半分は身内でした。とほほ。
いや、私は違いますという方はこちらへ御一報ください。

2000年11月10日

とある電話で

さっき物凄くおもしろいことを聞いてしまった。

電話「トゥルル。トゥルル。トゥルル。」
社長「はい、ドキュメンタリーごぼうです。」
勢いあまって、ドキュメンタリー工房(こうぼう)が、「ドキュメンタリー牛蒡(ごぼう)」に。
ぴりりと社会派の味、ドキュメンタリー牛蒡。

2000年11月09日

小吉

先日おみくじを引いた。中身は「小吉」。これはいい。しかし、やはり気になる「待人」欄が「おそいが来る」だった。なんなのだろう。 この「おそいが来る」とは。期待をもたせるようでいて、「遅い」。とても私の現実にフィットしている。さらに、「勉学」欄は「すべては 己の努力次第」ときた。こんなもの、おみくじではないぞ!

2000年11月08日

始業時刻10時

今朝は10時5分前に出勤。さわやかな朝である。なぜかテレビ関係の会社はみんな10時からはじまる。みんな宵っ張りだからだ。
ドキュメンタリー工房も朝10時から、夜は遅くまでやってます。というわけで、お問い合わせはお気軽に。

2000年11月02日

OS9にアップデート

今日はOS9と格闘して終わってしまった、、、。毎回年中行事のようにOSをUPするごとに、私の一日が潰れる。
OSのスピードについて行けない周辺機器たちが、ボイコットするからだ。

今回の危機を乗り越えるにあたっては、各サイトにお世話になりました。いずれ、マック対策で有り難いサイトのリンクを張ることにしよう。今日はもう疲れた、、、。

今日見たら、カウンターが00018に増えていた。たとえその3分の1が自分のアクセスでも嬉しい。
この寂しいHPを最近「インターネット界の秘境」と名付けてみた。なんだか自虐的な気もする。
3連休からあけたら、もっと増えていますように。

2000年10月30日

アクセスカウンター設置

とうとうアクセスカウンターを設置した。嬉しい。記念すべき00001は自分のアクセス。それから一日たって恐る恐るカウンターを見ると、なんと!00005になっているではないか!ありがとう00002から00004の人!この寂しいHPに半日で3人の人が訪れてくれている。

どうも、ソフトの具合が悪く、更新したら化け文字になってしまいました。明日はなおしますので、我慢してください、00005以降の人。それにしても、「会社闇内」というのも、ちょっといい。

2000年10月26日

2回目の更新

うきうきと2回目の更新。細かな更新を数え上げるときりが無いので、とりあえず2回目ということにしておく。

大いばりで「映像タイムトラベル」にもNEW! と入れていたが、気がついてみるともう放送が済んだものばかりだった・・・。
NEW!につられて見た方は、ごめんなさい。相変わらずぼけています。

2000年10月25日

ホームページ更新

続きを読む "ホームページ更新" »

2000年02月04日

久々のロケ

よれよれと出勤。してきたら、社長はもう仕事してました。おはようございます。

昨日はロケにいってきました!!最近ずーっとデスクワークだったので、ひたすらに嬉しい・・・。突然の飛び込みにもかかわらず、いろいろ教えて下さった皆様ありがとうございます。再び「この仕事をしていて良かったのー。」と感動しながら帰ってきました。

さて、カウンターの数が増えないことに、ネチネチとコメントしてきたこのHPにも、リピ-タ-が増えている事が判明しました!!いつも取材でお世話になっているEさんです。これで、現在アルバイトのTちゃんに、オサムシビデオの関係者Kさん、そして私の合計四名!そうです、身内ばっかりです・・・。でも、これからもまめにUPしますねー。

1995-2008 © DOCUMENTARY WORKSHOP, INC